山高神代桜2019 見頃時期は?アクセス・駐車場

 

山高神代桜は山梨県の実相寺の境内にあります。

桜の名所は日本全国にありますが、神代桜は樹齢2,000年であり、国内で一番古い桜だと伝えられています。

山高神代桜(やまたかじんだいざくら)以外にも桜があり、樹齢が50~100年という立派な木ばかりですよ。

山高神代桜2019年 見頃時期・アクセス・駐車場などの花見情報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

山高神代桜の見頃時期


 

山高神代桜の見頃時期などの開花情報ですが、

見頃の時期は例年4月上旬ごろです。

見ごろの時期は約10日間ほど続きます。

開花状況はその年の天候などによって違いますが、実相寺の公式ホームページの「開花速報」で開花情報を知ることができます。

山高神代桜の開花状況や見頃をチェックして、おでかけのご予定の参考にしてください。

 

 

 

山梨県の神代桜がある実相寺の境内は、およそ3,000坪という広い場所を白い壁の塀がおおっています。

山門から延びる参道は花畑に囲まれており、チューリップやラッパ水仙などが10万本近くもあります。

実相寺の周りは桜の開花時期になると売店がでたり、見頃時期になると日本全国から人が集まるので、とてもにぎやかになります。

山高神代桜以外にも30本の桜の木が開花していますので、そちらもぜひ観桜してください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

宿泊・ホテル


 

山梨県北杜市の山高神代桜、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

山高神代桜 アクセス・駐車場


 

山高神代桜がある場所は、山梨県北杜市武川町山高2763にある実相寺の中です。

公共交通機関を利用したアクセスは、JR日野春駅を下車し、車で15分ほどです。

山高神代桜へ車で行かれる場合は、境内すぐ近くに100台停めることができる駐車場があります。

桜の開花時期になると、境内すぐ近くの駐車場以外にも臨時駐車場が設けられます。

駐車場料金は有料です。

 

 

 

 

 

山高神代桜は日本最古の桜

日本全国に桜の名所といわれているスポットは、各地にあります。

山梨県の実相寺の境内にある山高神代桜は、日本で一番古いと伝えられている桜なんです。

その樹齢は、2,000年。

 

 

樹齢の古い有名な桜といえば、福島県の三春滝桜が樹齢1000年、岐阜県の淡墨桜が樹齢1500年となります。

山高神代桜は毎年花を咲かせて成長を続け、現在では根本幹周が13.5m、高さ13.6mという巨樹になりました。

枝張りも見事で、南北に30.6m、東西に27.0mといいますから、日本最古といわれているのもうなずけます。

このエドヒガンザクラは、大正11年10月には天然記念物として国から指定を受けています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ

error: Content is protected !!