修善寺梅林2019 梅まつり 開花情報・場所・アクセス・周辺観光・見どころ

 

修善寺梅林があるのは、静岡県伊豆市、修善寺自然公園の中です。

青軸や白加賀など梅の品種がおよそ20種類あり、その中には早咲きも遅咲きもあるので、長く観梅ができるスポットです。

修善寺梅林(しゅぜんじばいりん)では梅まつりも行われます。

タイミングがよければ、同じ静岡県内の河津桜を楽しむことも可能ですよ。

修善寺梅林2019年の修善寺梅林梅まつり・開花情報・場所・アクセス・周辺観光・見どころなどのご紹介です。

 

スポンサーリンク

修善寺梅林梅まつり


 

修善寺梅林梅まつりが開催される日程、期間は、例年2月初旬から3月中旬まで行われます。

修善寺梅林は、修善寺温泉の北側にあります。

修善寺梅林梅まつりでは、20種類の品種の紅白梅を、1,000本近く観梅することができます。

梅祭り期間中はたき火で焼いた人気の鮎の塩焼きや、露店市や地元の特産物の販売なども行われます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

修善寺梅林の開花情報

修善寺梅林の開花情報ですが、伊豆市観光協会修善寺支部が運営する公式ホームページによると、

例年の見頃の時期は、2月中旬~3月中旬ごろとなっています。

修善寺梅林は、山全体に咲きますから、自然を散策しながら梅の花を楽しむという感じになりますね。

早咲きや遅咲きの梅がありますから、長い期間楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

宿泊・ホテル


 

静岡県伊豆市の修善寺梅林、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

場所・アクセス

修善寺梅林の梅まつりが開催される場所は、静岡県伊豆市修善寺小白山です。

公共交通機関から行かれる場合のアクセスは、伊豆箱根鉄道修善寺駅から6番線の「修善寺虹の郷行き」のバスに乗り換え、18分ほど走行します。

もみじ林前というバス停で降り、歩いて10分ほどです。

虹の郷がお休みの日でも、梅まつりが開催されている期間に限り梅林行きバスがでますから安心してください。

車で行かれる場合は、200台停められる有料駐車場があります。

 

 

 

 

修善寺梅林の周辺観光や見どころ

春には桜が咲き、秋には紅葉が美しいことでも有名です。

周辺には、見どころもたくさんあり、弘法大師が霊湯を湧出させたといわれる「とっとこの湯」は、修善寺温泉発祥の湯でもあります。

また、「日枝神社」では天然記念物に指定されている巨木や、

18歳で鎌倉幕府の将軍になり23歳で亡くなった源頼家の墓などを見ることができます。

 

竹林の小径

 

桂川沿いにある竹林の遊歩道で温泉街の散策や、

静岡県の文化財に指定されたハリストス正教会の見事な建築や彫刻も見ることができます。

周辺は修善寺梅園だけでなく見所も多くあり、観光も楽しむことができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ

error: Content is protected !!