箕郷梅林2019 開花情報・場所・アクセス・駐車場・みさと梅まつり

 

梅の名所・箕郷梅林は、10万本近くの梅が花を咲かせます。

安中市の秋間梅林、高崎市の榛名梅林と並び、群馬三大梅林に数えられている有名な梅林です。

箕郷梅林(みさとばいりん)がある群馬県高崎市は、東日本で一番の梅の産地です。

開花シーズンになると、真っ白な梅の花が頭上一面をおおいつくす光景は圧巻です。

箕郷梅林2019年開花情報・場所・アクセス・駐車場・みさと梅まつりなどのご紹介です。

 

スポンサーリンク

みさと梅まつり

みさと梅まつりは、箕郷梅林を会場にその年の梅の開花時期にあわせて開催される梅祭りです。

例年通りであれば3月上旬から下旬あたりが目安です。

箕郷梅まつりでは、梅見茶会などいろいろな催し物が行われたり、梅を加工して作られた商品や地元の特産品などが販売されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

箕郷梅林の開花情報・開花状況

箕郷梅林の開花情報ですが、箕郷梅林の開花状況は、例年通りであれば2月下旬頃から咲き始め、3月下旬まで楽しめます。

 

 

箕郷梅林の開花情報ですが、
近年の満開の日は、
 

2017年3月12日
2017年3月16日
2016年3月中旬
2015年3月22日
2014年3月21日
2013年3月19日
2012年4月上旬

 

でした。これまでの満開の時期を参考にしてご予定を立てるとしたら、箕郷梅林の開花状況が最も見ごろの時期は、3月中旬~20日ごろと考えて良さそうですね。

開花情報をチェックして、最適な日程を選んでおでかけください。

期間中は基本的に定休日がないのですが、天候が悪化した場合などはお休みになることもあります。入場料は、無料です。

善地展望台に足を運ぶと、関東平野を一望できます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

箕郷梅林とは

箕郷梅林は300ヘクタールもの大きな規模で、東関東でもトップクラスです。

榛名山の南麗で、140~390mの標高がある丘陵に広がっています。

 

 

梅の生産地である箕郷梅林は、樹齢10~30年の梅が多いのですが、そのくらいが梅の生産に適しているといわれています。

樹齢10年という比較的若いものから、100年を超える古木まで幅広く見られます。
古い木ほど、枝振りにその歴史が現れています。

梅の花は長く観賞できる品種が多く、2月下旬から3月下旬まで楽しめる小梅もあります。

 

 

 

 

箕郷梅林より直送の梅干し

箕郷梅林の農園より直送。

原材料は「梅と塩のみ」。
収穫したその日のうちに塩漬けしています。
 

【送料無料】梅干し 選べるお試しセット


 

 

 

宿泊・ホテル


 

箕郷梅林、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

箕郷梅林の場所・アクセス・駐車場

箕郷梅林がある場所は、群馬県高崎市箕郷町善地・富岡です。

公共交通機関から行かれる場合の箕郷梅林へのアクセスは、JR高崎線の高崎駅を下車し、バスに乗り換えて30分ほど「箕郷営業所」で降ります。
タクシーにのって約5分で、現地に到着します。

車で行かれる場合は、みさと梅まつりの期間中のみ有料になる駐車場があります。
400台を停めることができ、普通自動車は300円、大型バスとマイクロバス1,000円かかります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ

error: Content is protected !!