有田陶器市・波佐見陶器市 行くならどちらがおすすめ?違いは?


 

有田焼の有田陶器市と、波佐見焼の波佐見陶器市は、どちらもゴールデンウィークの同じ時期に、九州で行われる人気の陶器市です。

有田陶器市は佐賀県、波佐見陶器市は長崎県とお隣同士になります。

陶器市に初めて行く場合は、いったいどちらの陶器市に行くほうが良いのか迷うこともあると思います。

また、事前にそれぞれの陶器市の特徴を知っておきたい場合もあります。

そこで、今回は、有田陶器市と波佐見陶器市の特徴や違いについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

有田陶器市と波佐見陶器市の特徴と違い

 

会場の違い

 

有田陶器市

有田陶器市の会場は、JR上有田駅~有田駅間で、およそ3kmあります(徒歩で約45分)。

JR上有田駅~有田駅間の道路の両側にズラリとお店が並び、その数は500店以上。

一日ですべてのお店をまわることは不可能なほど、大規模な陶器市です。

有田陶器市の楽しみ方は、いろんなお店をのぞきながら、ぶらぶら歩くという感じになります。

春と秋の年2回行われますが、春のほうが来場者が多くなります。

 

 

 

波佐見陶器市

波佐見陶器市の会場は2ヶ所あります。メインの会場と第二会場です。

どちらの会場も、大型テントが設置され、そのテントの中に各窯元が出店しています。

一か所にお店が集まっていますので、子供や年齢が高い方と一緒で長い距離を歩きまわりたくないという方や、あまり時間がない方などの場合は、波佐見陶器市のほうがおすすめです。

また、大型テントの中ですので、雨が降っても大丈夫です。

陶器市へ行こうかな、と予定していたその日の天候が悪い場合は、波佐見陶器市がおすすめです。

ただ、波佐見陶器市の人気店である白山陶器やマルヒロは、波佐見陶器市の会場から離れた場所にある会場での販売となり、そちらへ行くには車での移動が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

陶器の違い

 

有田陶器市

有田陶器市の人気店は深川製磁、香蘭社、源右衛門窯などです。

献上・贈答用として生産されてきた歴史のある有田焼は、高級でお値段が高めといった感じです。

有田陶器市では、有田焼だけでなく有田焼以外の焼きものや、大量生産品のなども多く販売されています。

 

 

 

波佐見陶器市

波佐見陶器市が行われる長崎県の波佐見町は、有田と同じ「焼き物の町」です。

町には窯元の煙突が見られ、陶器店などもあります。

波佐見陶器市で販売される焼き物は地元で生産された波佐見焼です。

波佐見焼は、日常使いのものが中心で、お値段も安めです。

洋風なデザインやカラフルなデザインが特徴的で、若い女性たちにも人気となっています。

 

 

 

おわりに

有田陶器市と波佐見陶器市は、お隣同士の町で開催される陶器まつりですが、それぞれ特徴があり、違った楽しみ方ができます。

ぶらぶらと歩きながら、いろいろなお店を見てまわり、陶器のおまつりのにぎわいを楽しむのであれば有田陶器市がおすすめです。

カジュアルで、かわいいデザインやカラフルな焼き物をお求めなら波佐見陶器市がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

error: Content is protected !!