郵便局の喪中はがきのデザインは?コンビニで販売している?

年賀状といえば新年のお祝いの挨拶をするものですが、喪中のため年賀状を送れない年があります。

郵便局の喪中はがきは、年賀状にて年始のご挨拶ができない場合に使用します。

喪中で年賀状を送ることができないと官製はがきで知らせることができるのが、郵便局の喪中はがきです。


スポンサーリンク




喪中はがき デザインは?

じつは、郵便局では「喪中はがき」というハガキは販売していません

郵便局で販売されている通常はがき(旧:官製はがき)には、切手部分のデザインが「胡蝶蘭」のものがあり、喪中はがきとして使用されています

この切手部分のデザインが胡蝶蘭のはがきはコンビニなどでは販売されていませんので、郵便局で購入できます。


yuubinkyokumochuhagaki1



切手を使用したい場合は「弔事用の普通切手」が販売されています。

こちらもコンビニなどでは販売されていませんので、郵便局で購入できます。


Šî–{ CMYK





郵便局が開いている時間に買いに行けない場合

郵便局が開いている時間に、喪中はがきや弔事用の切手を買いに行けない場合は、

楽天市場で喪中はがきを購入することができ、印刷までしてくれるお店があります。

少ない枚数から利用できますので便利です。


■5枚から印刷OK!


喪中はがき印刷【楽天市場】




または、24時間開いている郵便局、深夜・早朝営業を行っている郵便局がありますので、そちらで購入することもできます。



スポンサーリンク



投函するタイミングのマナー

ポストに投函するタイミングは、いつぐらいなのでしょう。
マナーとしては、11月から12月上旬くらいに出します。

12月上旬に投函するというと、年賀状に比べて早過ぎる印象があります。
しかし、相手の方は喪中の人に対して、年賀状を送ることができないことを踏まえておく必要があります。

先方がこちらに年賀状を書いてしまってから届いたのでは、無駄にさせてしまいます。
そのようなことを避けるために、早めに届けることが大切です。

ハガキは、現在喪中につき年賀状にてのご挨拶ができないことを伝えるものです。

年賀状の場合、会うことが少ない相手には近況を伝えてしまいがちになりますが、書かないことがマナーとなります。



スポンサーリンク



このページの先頭へ