吉野梅郷花まつり2017 開花状況は?イベントも楽しいお祭り!

yoshinobaigouhanamatsuri1

吉野梅郷花まつりは、3月上旬から4月上旬に開催される、東京都青梅市のイベントです。

吉野梅郷といえば「吉野梅郷梅まつり」が毎年開催されていましたが、梅の里が伐採されたため、当分の間、梅祭りは開催されないようです。

新たなイベントとして開催される、吉野梅郷(よしのばいごう)花まつりでは、菜の花やニホンスイセン、ツツジやボケ、コブシなどを見ることができます。

会場は青梅市梅の公園と吉野梅郷一帯で、二俣尾駅から日向和田駅にかけてのおよそ4km、多摩川南側に広がるエリアです。


スポンサーリンク



開催時期はいつ?

2017年に吉野梅郷花まつりが開催される具体的な日程はまだ発表されていませんが、3月上旬から4月上旬です。




吉野梅郷花祭り期間中の主に日曜日、さまざまなイベントが用意されています。

市民まつりでは、郷土芸能、和太鼓、お囃子、パレードなどが神代橋通りで繰り広げられました。

梅の公園でそばすいとんの無料提供がありました。

数が限られていましたが、青梅産のそば粉を原料にしたそばすいとんは大好評でした。

他にも、農家の研究交流会から誕生した青梅の逸品がそろった農商工祭やフォトコンテスト、郷土物産品の販売など盛りだくさんでした。


スポンサーリンク



宿泊・ホテル

東京都青梅市の吉野梅郷花祭り、周辺の宿泊施設やホテルです。


周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
周辺ホテル・旅館【楽天トラベル】




場所・アクセス

yoshinobaigouhanamatsuri2
吉野梅郷花祭りが開催される場所は、東京都青梅市にある青梅市梅の公園と吉野梅郷一帯です。

青梅市梅の公園の開花状況については、青梅市商工観光協会のホームページで開花情報が提供されています。

見ごろなどがよくわかりますので開花状況のチェックにおすすめです。

公共交通機関からの吉野梅郷花祭りへアクセスは、主に2通りあります。

JR青梅線の青梅駅へ行き、都営バスの吉野行が駅前から出ていますので、そちらに乗って吉野梅林で降りてください。
歩いて3分ほどで、梅の公園に到着です。

JR青梅線青梅駅で降りずに、奥多摩行に乗り換えて行く方法があります。

5分ほど乗っていると2駅先に日向和田駅がありますので、そこから歩いて10分ほどで着きます。
日向和田駅前に神代橋がかかっていますので、その先が吉野梅郷です。





駐車場

吉野梅郷花祭りへ車で行かれる場合は、周辺の有料駐車場を利用することになります。
梅の公園にはありません。

車を停めて5分ほど歩けば行ける範囲に、1,000台近く停められる駐車場の数があります。

民家の庭先に設けられた駐車場もあり、そういったところは地図に載らないことがありますので、実際に行ってからも見つけられるかもしれません。



スポンサーリンク



このページの先頭へ