「良いお年をお迎え下さい」ビジネスや目上の方への使い方!メール例文も!

「良いお年をお迎え下さい」というフレーズは、年末にあちこちで耳にします。

「良いお年をお迎え下さい」という年末の挨拶は、ビジネスでも、取引先やお客様、職場や上司、目上の方など、いろいろな方への挨拶に使います。

普段使わない言葉ですから、間違った使い方をしていないか、少し気になりますよね。

また、先に言われてしまった場合はどのように返事をするのがスマートなのでしょうか。

メールの例文などもご紹介させて頂きます。



スポンサーリンク




意味・いつから使う?

「良いお年をお迎え下さい」という言葉は、

「忙しい年末を乗り越え、無事、年越しが出来きますように。」と相手の無事を願う、年末の挨拶です。

一年の終わりを実感させてくれる言葉ですね。

年末のいつ頃から使いはじめるのかというと、だいたい12/20頃から使い始めます。




目上の方や上司に使っても大丈夫?

人によっては、「良いお年をお迎え下さい」というフレーズを上司など自分より目上の方に使うと、

上から目線のようで失礼にあたるのではと心配される方もいます。

上司やビジネスなど目上の方に使用する場合も、「良いお年をお迎え下さい」で問題ありません。

より丁寧な言葉を使うなら、「どうぞ良いお年をお迎え下さい」「良いお年をお迎え下さいませ」を使用すると良いでしょう。



スポンサーリンク



返事をする場合は?

上司など目上の方や、ビジネスで「良いお年を」「良いお年をお迎え下さい」と先に挨拶をされる場合があります。

その場合はどのように返事をすれば良いでしょうか。

「ありがとうございます。◯◯様もどうぞよいお年をお迎え下さい。」

「ありがとうございます。今年は(も)お世話になりました。◯◯部長もよいお年をお迎え下さい。」

と、返事をすると良いでしょう。





メール例文

直接会って年末の挨拶をする場合もありますが、メールで年末の挨拶をさせていただくこともあります。

メールの例文としては、「末筆ながら、みな様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げております。良いお年をお迎えくださいませ。」などと用います。





まとめ

一年の終わりの挨拶ですから、ビジネスで使う場合や、目上の方、上司などへ挨拶をする場合は、正しい言い方ができているかどうか気になりますね。

失礼がないように正しい言い回しを用いたいですね。

正しく用いることで、正しい知識を持った相手から一目置かれるはずですよ。



スポンサーリンク



このページの先頭へ