「良いお年を」はいつからいつまでの挨拶?喪中の場合はNG?

「良いお年を」。
毎年年末になると、必ずといっていいほどよく耳にする年末の挨拶です。

良いお年をという挨拶はいつからいつまで使っても良いのでしょうか?

一年の締めくくりに交わす挨拶だからこそ、マナー違反になっていないかを確認しておきましょう!



スポンサーリンク




いつからいつまで?

「良いお年を」という言葉をかけられるようになると、もう今年も終わりかとしみじみした気持ちになります。

年末のバタバタとあわただしい時期に聞くイメージがあるせいか、年の瀬の挨拶ならいつ言ってもいいフレーズだと思いがちです。

実際のところは、年末でも言っていい時期が限られています。

良いお年をと言っていいのは、いつからいつまでなのかというと、
だいたい12月20日あたりから、30日までに限定されている挨拶です。



スポンサーリンク



意味

「良いお年を」とは、「良いお年をお迎え下さい」を省略した言葉です。

「良いお年を」の「お年」の意味は、翌年の1年間のことを示していると誤解されている方が少なくないようです。

12月の師走は誰もがとても忙しく走り回るような時期で、無事に新年を迎えるまでにやらなければいけないことがたくさんあります。

良いお年を、という意味は、「なにごともなく平和に年越しができますように」相手の無事を願う思いが込められています。

1年間ではなく年越しを現していますので、31日の大みそか当日では遅すぎると考えられていることから、使っていいのは12月30日までとなるんですね。





喪中の場合は?

喪中の方に対しては、おめでたい挨拶などは避けるものです。

喪があけるまでは、ご本人はもちろんのこと周囲もお正月の挨拶などもしませんよね。
良いお年をという言葉は、どうなのでしょう。

基本的に、喪中の方に「良いお年を」と挨拶をしてしまうことは、いけないわけではありません。

正式には確かに間違いではないのですが、適切な挨拶とはいえないという考え方が一般的です。

無難に挨拶をすませるためには、この表現は用いずに、

「今年は大変お世話になり、ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。」などにされることをおすすめします。





まとめ

日本の挨拶のマナーというのは難しいものもありますが、「良いお年を」に関してはさほど堅苦しく身構える必要はないようです。

正しい挨拶ができるということも大切ですが、相手を思う気持ちが伝わることが最も喜ばれるはずです。

互いに思いやり、気持ちよく新年を迎えたいものですね。


スポンサーリンク



このページの先頭へ