シュトーレンの意味は?日持ちや保存方法!値段はなぜ高いの?

stollenimiimi1
シュトーレン(シュトレン)は、ドイツのクリスマスのお菓子で、

クリスマス前から少しずつ食べるという文化があります。

他のパンの一般的な食べ方とは違う、独特な保存方法や食べ方があります。

また、シュトーレンは、日持ちがするところが特徴です。



スポンサーリンク




シュトーレンとは?

シュトーレン(シュトレン)はクリスマスの季節に特別にいただく、ドイツの発酵菓子です。
日がたつにつれなじんでいき味が変化します。

本場のドイツでは、12月になると少しずつ食べて、クリスマスを待つという慣わしがあるそうです。

シュトーレンは薄くスライスして頂きます。




シュトーレン意味

シュトーレンは、白い粉砂糖でおおわれたクリスマスシーズンに食べられているドイツの伝統的なパンです。

日本では一般的に「シュトーレン」と呼ばれていますが、これは日本で間違って呼ばれているそうです。

本当は「シュトレン」と発音します。

シュトーレンの意味は「棒」や「柱」という意味があるそうです。




シュトーレン 食べ方・切り方

シュトーレンの食べ方は、少しずつ食べて、クリスマス当日前までそれが続きます。

シュトーレンの切り方は、ちょっと独特です。
一般的なパンは端から切っていきますが、シュトーレンはまず中央をカットします。

その断面から、食べる分だけ薄くスライスしていき、2つある断面のサイズが合うようにします。

食べ終わって保存するときは、断面を合わせてラップフィルムでくるみ、密封するなどして保存します。

そのようにして切り口から香りや風味が飛ぶのを防いだり、乾燥を防ぐようにします。


スポンサーリンク



シュトーレン 保存は冷蔵庫?冷凍庫?

シュトーレンを保存するには、冷蔵庫や冷凍庫などどこがいいのでいいのでしょう。

本来であれば熟成させて食べるものですので、常温保存で約1~2か月持ちます。

ですが、日本で売られているシュトーレンは、日本人の口に合うように作られ、本来の製法や材料とは異なったものが多くあります。

そのため保存期間が短いものもありますので、このような場合は、冷蔵庫で保存したほうがよいでしょう。

また、シュトーレンは、冷凍保存もできます。

冷凍保存の場合は、食べるたびに食べる分だけカットするのではなく、2~3つに分類してラップフィルムに包み保存します。




シュトーレン 値段はなぜ高い?

まず、シュトーレンを初めて見たときにびっくりするのは、そのお値段の高さでしょう。

シュトーレンの値段はなぜ高いのでしょう。

材料費が高くつくこと、手間や時間をかけて作られていることなどが影響しています。



スポンサーリンク



このページの先頭へ