シュトーレンのカロリーは?美味しい食べ方&食べごろと賞味期限!

stollencalorie1

シュトーレンはドイツのクリスマスの伝統的なパンで、当日まで何週間もかけて食べられます。

美味しい食べ方はいったいどんな食べ方があるのでしょうか?

保存がきくように外側を粉砂糖がコーティングしていますが、シュトーレンはカロリーが気になるところです。

また、日持ちするといっても賞味期限はどのくらいなのでしょう。



スポンサーリンク




シュトーレン カロリーはどのくらい?

シュトーレンは外側が白い粉砂糖でコーティングされた甘みが特徴的なパンです。

また、ふんだんに使われたドライフルーツやナッツ、たっぷりのバターなど、シュトーレンはカロリーが高そうですよね。

気になるシュトーレンのカロリーは、100gあたりでいうと、約350kcal~400kcalです。

異なる材料や、いろいろな大きさのシュトーレンがありますので目安ですが、1切れあたりは約150kcal~170kcalくらいです。

マクドナルドのチーズバーガーが310kcalですので、シュトーレン2切れと同じくらいのカロリーになりますね。



スポンサーリンク



シュトーレン 賞味期限

シュトーレンは、クリスマスまで少しずつ食べるという伝統があります。

何週間、何カ月という長い期間をかけて1つのシュトーレンを食べるなんて、賞味期限はないのでしょうか。

シュトーレンの賞味期限は、一般的に2カ月くらいは十分に食べられるとのことです。

シュトーレンを焼いた直後、そのまま放置するのではなく溶かしバターの中にくぐらせます。

バターに続いて、砂糖で外側をコーティングすることから、砂糖とバターの油が外気を遮断してくれます。

そのため長期保存ができ、日持ちするというわけです。




シュトーレン 美味しい食べ方・食べごろ

長期保存が可能なシュトーレンですが、食べごろはいつぐらいなのでしょう。

好みの味というのは人それぞれ違いますが、多くの方に好まれるシュトーレンの食べごろは、焼いた日から2週~3週間後くらいといわれています。

シュトーレンの美味しい食べ方は、いろいろありますよ。

シュトーレンは日ごとになじんでいきますので、味の変化を楽しめます。

クリームチーズを塗って食べると、独特の甘みが堪能できます。

なにかを塗って食べるなら、ジャムやハチミツバター、ハチミツなどがよく合います。

そのままでも美味しいですが、すこし温めるのも美味しい食べ方です。

クリームチーズをのせて、オーブンで軽く焼くという食べ方も。

シュトーレンはしっとりとした食感が美味しいので、乾燥しないように保存することもシュトーレンの美味しい食べ方につながります。




まとめ

シュトーレンはクリスマスのお菓子として日本でもだんだんと有名になってきました。
気軽にお取り寄せもできるようになりましたね。

お店によって味がざまざまですのでシュトーレンの食べ比べも楽しみです。

シュトーレンのような、ドイツのご家庭で食べられているクリスマスのお菓子を通じて、本来のクリスマスを味わい尽くすのもステキですね。



スポンサーリンク



このページの先頭へ