札幌の桜の名所2017 お花見・人気スポット!北海道の春が来た!

sapporosakurameisho1

札幌で桜の名所として特に知られているのは、モエレ沼公園・北海道立真駒内公園・円山公園の3カ所です。

広々とした敷地に桜が咲き誇り、全国からも多くの方がお花見に訪れます。

桜祭りやライトアップなどこそありませんが、自然の中でゆったりとお花見をする時間は贅沢なひとときです。


スポンサーリンク




モエレ沼公園の桜

札幌の桜の名所、モエレ沼公園の桜が見ごろを迎える時期例年は5月上旬から中旬ごろです。

モエレ沼公園は、世界で活躍する彫刻家が設計を手掛けたことにより、とてもアーティスティックな空間が広がっています。

エゾヤマザクラなど2,600本の桜がと、幾何学形態を用いた遊具や噴水、山などが、広々とした公園の中で見事に融合しています。

モエレ沼公園の桜を見ることが出来る場所は、北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1です。

地下鉄東豊線の環状通東駅で下車し、中央バスに乗り換えます。
25分ほどでモエレ公園東口というバス停に着いたら、歩いて15分ほどで到着します。


スポンサーリンク



北海道立真駒内公園の桜

北海道立真駒内公園といえば、昭和47年(1972年)に開催された札幌オリンピックのメイン会場としても有名な場所で、札幌の桜の名所です。

自然木およそ50,000本の中で、北海道立真駒内公園の桜は1,000本近く、サトザクラ(ヤエザクラ)とエゾヤマザクラのお花見をすることができます。

北海道立真駒内公園桜の見ごろの時期は4月下旬から5月上旬ごろです。

エゾヤマザクラは例年は4月下旬ごろから、サトザクラは5月中旬からと開花時期が違いますので、長期的にお花見を楽しめます。

北海道立真駒内公園がある場所は、北海道札幌市南区真駒内公園3-1です。

札幌市営地下鉄南北線の真駒内駅で降りたら、歩いて30分ほどで着きます。







円山公園の桜

札幌の桜の名所、円山公園の桜は、ソメイヨシノやエゾヤマザクラなどの品種が楽しめます。

円山公園桜の見ごろは4月下旬から5月中旬ごろとなります。

60万平方メートル近い敷地の自然公園で、天然樹林におおわれた環境です。

天然記念物の指定を受けている円山原始林では、原生林のカツラやミズナラなどが見られます。

スポーツ施設があるエリアには野球場などがありますので、お花見シーズン以外でもたくさんの市民が訪れている公園です。

円山公園がある場所は、北海道札幌市中央区宮ヶ丘3です。

札幌市営地下鉄の円山公園駅で降り、3番出口からでたら、歩いて5分ほどです。


スポンサーリンク



このページの先頭へ