桑名水郷花火大会2018 日程・時間や観覧場所おすすめは?

kuwanasuigouhanabitaikai3

桑名水郷花火大会(くわなすいごうはなびたいかい)は三重県桑名市で開催されます。

東海地方で最大級の花火が上がる、人気の花火大会です。

その歴史は古く、昭和9年から始まった歴史ある花火大会。

戦時中に一時中断を余儀なくされましたが、戦後から現在まで続いています。

ここでは桑名水郷花火大会2017年の日程や時間、打ち上げ場所、観覧場所など開催内容をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




桑名水郷花火大会 日程・時間

桑名水郷花火大会の日程ですが、毎年7月の最終土曜日に開催されています。

日程:2018年7月下旬
時間:19:30~21:00頃まで




桑名水郷花火大会 場所・アクセス

場所:三重県桑名市住吉町 揖斐川河畔
打ち上げ場所:揖斐川の中州
アクセス方法:近鉄・JR・養老鉄道「桑名」駅下車徒歩20分
       三岐鉄道「西桑名」駅下車徒歩20分

駅からは少し歩きますが、案内板や多くの人たちが会場に向かって歩いていますので、迷うことはありません。





桑名水郷花火大会 駐車場

桑名水郷花火大会の駐車場は、会場周辺の小中学校のグラウンドが臨時駐車場(有料)として設けられます。

その他には、駅周辺の有料駐車場などを利用することとなります。


スポンサーリンク



桑名水郷花火 有料席

桑名水郷花火大会では、有料席が設けられるようになりました。

場所は打ち上げ場所の目の前です。イス席やマス席などがあります。

場所取りなどせずに一番良い場所で花火を見ることができますから、有料席を利用するのも良いですね。





桑名水郷花火 観覧場所おすすめ

桑名水郷花火大会打ち上げ場所は揖斐川の中州。花火を見る場所は揖斐川の堤防沿い河川敷となります。

頭上で上がる大迫力の花火を見ようと、この場所に皆が集中し、大混雑となります。

桑名水郷花火大会の激しい混雑を避けるなら、対岸の「なばなの里」側から見るのもおすすめです。

kuwanasuigouhanabitaikai4

なばなの里は桑名花火大会とは無関係ですが、桑名水郷花火大会の穴場としてよく取り上げられています。

桑名水郷花火大会の穴場といっても、なばなの里側、長良川堤防沿いも混雑しますので、良い場所を確保するなら、夕方までには場所取りをしたほうが良いでしょう。

また、なばなの里側は屋台が出ていないので、食べ物や飲み物は持参するなどしなければなりません。






まとめ

桑名水郷花火大会をしっかり楽しみたいのであれば、混雑覚悟で会場近くの堤防沿い河川敷へ。

頭上で上がる大迫力の花火と音楽、そして堤防沿いに並ぶ多くの屋台が楽しめます。

激しい混雑をできるだけ避けたい、という方は、なばなの里側から。

ただし、車移動は会場周辺に交通規制がかかりますので、電車などで会場まで行くことをおすすめします。





■その他の花火大会

立川昭和記念公園花火大会 日程・時間・打ち上げ場所は?

芦屋サマーカーニバル 花火大会!日程・時間は?感想・口コミなど

横浜スパークリングトワイライト 花火ありグルメありのイベント

横浜スパークリングトワイライト 花火が見えるホテルおすすめは?

袋井花火大会 音楽と豪華な花火の競演が楽しめる人気イベント

佐鳴湖花火大会 湖畔で花火が楽しめる!浜松市の夏祭り

ふじさわ江の島花火大会 神奈川県の10月の花火

わっしょい百万夏まつり 花火大会も楽しめる北九州の夏祭り

豊田おいでん祭り 花火の日程・時間・打ち上げ場所は?感想・口コミ

尾張西枇杷島祭り 花火や山車が見どころ!


スポンサーリンク



このページの先頭へ