兼六園桜2017 見頃や満開の時期は?年に一度の無料開放!

kenrokuensakura6

兼六園の桜は、園内の美しい景観や、「兼六園菊桜」などの名木も見ることができることから、石川県の人気の桜の名所となっています。

兼六園(けんろくえん)は、桜が見頃の時期になると入園料無料で見ることができます。

無料開放の日程は、金沢地方気象台の桜の開花発表に基づいて決まります。



スポンサーリンク




兼六園桜の無料開放

金沢兼六園桜が見頃を迎えると、毎年行われているのが無料開放です。

いつもなら入園料が小人100円、大人310円かかるのですが、桜が開花するこの時期のみ、金沢地方気象台の開花発表に基づいて入園料無料で入れるようになります。

無料開放期間の開園時間は、7時から21時30分までなので、早朝から夜桜ライトアップの時間までお花見が楽しめますよ。




兼六園桜とランチ

kenrokuensakura7
兼六園では2015年から、江戸町通り前に並ぶ茶屋内のレストランで、「兼六園でお昼ごはん」と題して、限定メニューのランチをいただけるようになりました。

郷土料理である加賀料理の「治部煮」などがいただけますよ。

また、ランチ以外にもぜんざいやあんころもちなどのスイーツもあります。

春の季節だけでなく、夏、秋と季節ごとにメニューが変わります。

兼六園で桜など、四季折々の花を見ながらランチができるのはうれしいですね。


スポンサーリンク



兼六園桜の見頃2017

兼六園桜の開花情報ですが、

2017年兼六園桜の見頃の時期は、例年通りであれば4月上旬から中旬くらいです。

満開の時期が終わっても、遅咲きの種類の桜などが咲きますので5月ごろまで花見を楽しむことができます。

見頃はその年の気候などによって兼六園桜の開花状況は前後します。

開花予想をチェックしてお花見の計画をしてください。




宿泊・ホテル

石川県金沢市の兼六園桜、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?
 ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】




兼六園桜のアクセス

兼六園桜が見られる場所は、石川県金沢市兼六町 兼六園です。

金沢市の中心部に位置しており、金沢城の隣にあります。

公共交通機関から行かれる場合の兼六園へのアクセスは、JR金沢駅から北陸鉄道バスの小立野方面行きに乗車し、15分ほどで「兼六園下」というバス停に着きます。
バス停からは、歩いて5分ほどです。

路線バス以外にも、レトロバスの「城下まち金沢周遊」号や、土日祝日のみ運行する兼六園シャトルバスがでています。


スポンサーリンク



このページの先頭へ