川崎市民祭り2017 神輿パレードや出店など楽しめるまつり!

川崎市民祭りは、神奈川県川崎市で行われるお祭りです。

市内の人はもちろんのこと、市外からも多くの人がやってきて、50万人を上回る人手で大変盛り上がります。

1978年にスタートした、川崎市民まつりは、食べて・遊んで・体験していきながら様々なきずなを深める場として、秋の恒例行事になっています。


スポンサーリンク




川崎市民祭り 日程・場所

かわさき市民祭りの日程は2017年11月初旬です。期間は3日間です。
時間は、10時から16時30分までで、パレードは 最終日です。

会場となる場所は、神奈川県川崎区富士見2丁目にある富士見公園一帯です。
場所が公園ですから、荒天のときは中止になります。

公共交通機関で行かれる方は、京浜川崎駅もしくはJR川崎駅歩いて、15分ほどのところです。

駅から15分も歩くのは大変なので、バスに乗車して「競輪場前」で降りれば、目の前が富士見公園ですよ。







川崎市民祭り 駐車場はある?

川崎市民祭りの会場である富士見公園一帯とは、川崎球場と川崎競輪場、これらの駐車場、富士見球場のことです。

車で行かれる方は、川崎球場や競輪場の駐車場の利用を予定していると、当日停めることはできませんので気をつけてください。

祭りの期間は、会場の周りに駐車場は用意されていません。
車で行くのであれば川崎駅辺りの有料駐車場が最も近くなります。



スポンサーリンク



川崎市民祭り 神輿パレード

川崎市民まつりでは、各会場でさまざまなプログラムが予定されていますよ。

パレードだけでも、オープニングパレード、祭りパレード、神輿パレードの3種類あります。
祭りパレードでは、伝統芸能パレードやサンバパレードなど多彩ですので見応えがあります。

中でも、川崎市民祭りの神輿パレードが人気です。

川崎市民祭りのパレードやステージに参加したい方は、あらかじめ申し込みをしましょう。





川崎市民祭り 出店

富士見公園一帯と、川崎競輪場にはずらりと屋台が並びます。川崎市民祭りは出店が多くて楽しいですよね。

川崎市民祭りの出店は郷土料理など、他のお祭りの屋台にはないものが食べれると評判です。

また、川崎球場第一駐車場では「ふるさと交流広場」として国際交流コーナーや、日本中から集められた物産展などがあります。

かわさき市民まつりは盛りだくさんの内容ですね。


スポンサーリンク



このページの先頭へ