川越祭り2016山車やひっかわせ・屋台・お化け屋敷も楽しめるまつり!

小江戸の街・埼玉県川越市。この街が年に1回、56万人の来場者でにぎわいます。
それが「川越祭り(かわごえまつり)」。

350年前から始まった川越まつりでは、豪華絢爛な山車をはじめ、数多くの屋台が出店します。



スポンサーリンク




日程・時間・場所

■川越祭り2016 開催スケジュール
2日間にわたって開催される川越祭りの日程、時間、場所です。


日程:2016年10月15日(土)、16日(日)
場所:埼玉県川越市 市役所~本川越駅一帯

交通アクセス:JR川越線「川越」駅、東武東上線「川越」駅下車




山車

川越まつりがいっきにヒートアップするものといえば、川越祭りの山車。

山車といえば全国各地でざまざまな形状のものが見られますが、この川越祭の山車は「県の指定民族文化財」。

山車に乗った人形の作者も鼠屋豊斉や仲秀英など名作家が手掛けたもの。

通常こうした貴重な文化財にお目にかかれないのですが、年に一度、川越祭になるとその豪華な雄姿を見ることができます。




ひっかわせ

川越祭りの山車は2日間にわたり楽しめます。

川越まつり初日は旧市街地のメインストリートで山車と屋台が集合。
夜はライトアップされ、荘厳な雰囲気さえも漂ってくるよう。

2日目では、午前中からお囃子が鳴り響き、山車がゆっくり動き出します。
午後2時に市役所前に山車や屋台が集まり、周辺道路を練り歩きます。

クライマックスは、川越祭りの山車、曳っかわせ(ひっかわせ)。
川越祭りのひっかわせは19時ごろから21時ごろにかけて繰り広げられます。

中央通りや蔵造りの街並みが続く交差点などでこうした光景を見ることができます。



スポンサーリンク



屋台

川越祭りは屋台も人気です。広い範囲に多数出店しています。

川越祭りの屋台は、お好み焼きのようなものを薄く焼き、はしに巻いた「はしまき」、超大盛り焼きそば、あげアイス、つきたてのお餅やクロワッサンたい焼きまで、B級グルメもたっくさん!

飲食スペースのある屋台や地元の飲食店が店頭で出店している屋台などもあり、川越祭りの屋台は食べ歩きが楽しめると評判です。


kawagoematsuri1


お化け屋敷

川越の小江戸にある「時の鐘」からすぐの場所にあるのが蓮馨寺。

1549年(天文18年)につくられた歴史あるお寺。
普段は家族揃ってお参りしたりする、市民の憩いの場所。

その蓮馨寺が川越祭りでお化け屋敷に一変します!

といっても、お寺全体がお化け屋敷になるのではなく、お寺の敷地内に興行用のお化け屋敷が登場します。



川越祭りのお化け屋敷は、ろくろ首や幽霊など、日本の古くからあるお化けが出迎えてくれます。

昭和の時代にあった、どこか懐かしいレトロな雰囲気も醸し出している川越まつりのお化け屋敷。

遊園地も少なくなった昨今、こうした昔ながらのお化け屋敷というのも、逆に新鮮に感じるかもしれませんね。

おどろおどろしい雰囲気を楽しむことができますよ♪





宿泊施設・ホテル


埼玉県川越市の川越祭り、会場周辺の宿泊施設やホテルです。
 ↓ ↓ ↓
周辺ホテル・旅館【楽天トラベル】




歴史

川越祭りの歴史は江戸初期にまで遡ります。

1648年(慶安元年)に川越藩主・松平伊豆守信網が氷川神社に太鼓などを寄進。
祭礼を奨励したことが始まりとされています。

さらに川越は新河岸川と江戸を結ぶ舟運が盛んだったこともあり、江戸のトレンドも取り入れさらに川越まつりが進化します。

城下町と情報力の豊富さが、独自の祭りとして発展していった川越祭り。

町並みや時代は違えど、この祭りに参加すれば当時の川越祭りの歴史を感じることができますね。




駐車場

川越祭りの駐車場は、来場者数の増加に応じて臨時駐車場を毎年設けています。

●主な臨時駐車場

・市民グラウンド(250台)
・小仙波駐車場(100台)
・川越第一中学校校庭(150台)
・仙波小学校校庭(70台)
・富士見中学校校庭(200台)
・今成駐車場(140台)

川越祭りの駐車場は、上記の臨時駐車場の場合は無料となりますが、ほかにも有料駐車場を含めると駐車場はかなりあるようです。

ただ、曜日や時間帯によって差はあるものの、午後12時~18時頃まではどこも満車になります。

午前中に駐車場に入るか、もしくは多少混雑が軽減される夕方以降に駐車場に入るのがおすすめです。



スポンサーリンク



このページの先頭へ