神宮外苑いちょう祭り2016 屋台やグルメも楽しめる!最寄り駅は?

jinguugaienichoumatsuri1


神宮外苑いちょう祭りは、2016年には第20回を迎えます。

神宮外苑周辺は、この時期とにかくイチョウがキレイです。

この辺りをふらっとお散歩していて、なんだか人が多いなあと視線を移すと、その先が神宮外苑いちょう祭りの会場だったといった感じです。

神宮外苑銀杏並木には、予想外に多くの人が訪れていて、しかもおいしいグルメの屋台や模擬店が集まっているので、驚いてしまいますよ。


スポンサーリンク




日程・場所

神宮外苑いちょう祭り(じんぐうがいえんいちょうまつり)2016年

神宮外苑いちょう祭りの開催日程は、毎年イチョウが見頃を迎える期間の11月中旬から12月上旬です。

会場となる場所は、東京都港区北青山1~2丁目、新宿区霞ヶ丘町、明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)外苑いちょう並木、軟式球場、噴水池の周辺です。




充実したグルメや屋台・模擬店

神宮いちょう祭りではたくさんの模擬店や屋台がでますので、外苑前の銀杏並木をお散歩するだけでなくグルメの楽しみ方もありますよ。

神宮外苑銀杏並木では名産品や特産品が日本全国のあちこちから出店されました。

会場の入り口を入ると、すぐ目の前には噴水池があります。
噴水池を囲むように、10店舗近くのフードの屋台が並んでいます。



神宮いちょう祭りの会場の様子や屋台の様子がよくわかりますよ!
おいしいそうなグルメが並んでいます!
 ↓ ↓ ↓



この噴水池のエリアは、斜め右と斜め左に進むことができます。
物販のお店に興味がある方は、斜め左の芝生エリアへ行きましょう。
さらにおいしいものを求める方は、斜め右へと進んでください。
その先には、40近いフード屋台がにぎわっていますよ。

神宮外苑いちょう祭りは全国各地の特産品やグルメに出会えるイベントでもあります。


スポンサーリンク



アクセス・最寄り駅

神宮外苑いちょう祭りはアクセスがとても良いところにあります。神宮外苑いちょう祭りの最寄り駅は、

千駄ヶ谷駅と信濃町駅(JR中央線・総武線)
青山一丁目駅(都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線・東京メトロ銀座線)
国立競技場駅(都営大江戸線)、外苑前駅(東京メトロ銀座線)

と、アクセス良好です。




ライトアップはある?

jinguugaienichoumatsuri2


花や木を愛でる習慣は、季節の移り変わりを楽しめるのでいいものですよね。
春になると、桜の名所ではライトアップをするところが多くなりました。

神宮外苑いちょう祭りでも、ライトアップをしているのでしょうか。
現在のところは、行われていません。

神宮外苑いちょう祭りの時間は、日が暮れるくらいの時間に終わるので、ライトアップは行われていません。





さいごに

外苑の銀杏並木、斜め右に進んだ先にあるエリアには、撮影スポットや授乳室、落し物や迷子の問い合わせができる本部があります。

こうしたサービスが用意されていること、おいしい食べ物があり、美しい東京の銀杏並木を見れるなどから、家族連れの方も多く見られます。

神宮外苑いちょう祭りの期間は3週間以上ありますから、神宮の銀杏並木にぜひ足を運んでみてくださいね。


スポンサーリンク



このページの先頭へ