石岡のお祭り2017 獅子や山車が見どころの歴史あるまつり!

茨城県石岡市でおこなわれる石岡のお祭りは関東三大祭に数えられ、40万人近い人手でにぎわいます。

石岡市民が力を合わせて取り組むお祭りなので、「石岡のお祭り(いしおかのおまつり)」の呼び名で親しまれています。

大神輿の渡御、山車大行列、幌獅子大行列、奉納神楽、巫女舞、年番町安全祈願祭など、それぞれに日程と時間が毎年決まっています。



スポンサーリンク




石岡のお祭り 獅子

石岡市のお祭り、石岡まつりでは、幌をつけた獅子が、町内によって個性的な色の布をつけて舞いながら練り歩きます。

獅子の頭のサイズは町内によってバラバラですが、20kg近くもあるということです。

勇壮な舞を披露しながら、鉦(ショウ)や笛、小太鼓、大太鼓の囃子連の演奏と一緒に姿を見せます。





石岡のお祭り 日程

ishiokanoomatsuri1
石岡のお祭りは、石岡祭りとも呼ばれ、正式名称は常陸國總社宮例大祭です。

石岡のお祭りは、毎年9月の敬老の日を含む土・日・月に開催されます。

おもなスケジュールですが、初日は神幸祭(ジンコウサイ)、2日めは奉祝祭(ホウシュクサイ)、3日めは還幸祭(カンコウサイ)が予定されています。


【石岡のお祭り】
日程:9月中旬
期間:3日間


スポンサーリンク



石岡のお祭り 場所(会場)

石岡のおまつりが開催される場所は、茨城県石岡市総社2-8-1にある常陸國總社宮や、茨城県石岡市内中心市街地です。

公共交通機関を利用される場合のアクセスは、JR常磐線の石岡駅の西口より歩いてすぐですから迷いません。






石岡のお祭り 年番

石岡のお祭りには、年番制度というものが1年交代で引き継がれている歴史があります。

15町内(以前は16町内)あり、石岡市のおまつりが終わってからの1年に渡って、神社に奉仕をして中心的な役割を果たすところを交代で担っています。





宿泊施設・ホテル

ishiokanoomatsuri2
茨城県石岡市の石岡のお祭り、会場周辺の宿泊施設やホテルです。
ゆっくり宿泊して帰るのはいかがですか?
 ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】






石岡のお祭り 歴史

ishiokanoomatsuri4
石岡のお祭りの歴史は、近世から多種多様な要素がプラスされ、現在の形にまで発展を遂げてきた歴史があります。

石岡市のシンボルともなっている風流物は、茨城県無形民俗文化財にもなっている石岡囃子を演奏しつつ、街を練り歩きます。

茨城県高等学校相撲選手権大会として今も行われているのは、1744~1747年ごろの延亨年間くらいの奉納相撲が元です。

大獅子やささら、愛宕祭などの江戸時代後期の風流物は、總社宮の例大祭へと近代に移行されています。

菊花紋の大神輿とその行列に、経済的に豊かな商人層が贅沢に作り上げた山車を取り入れ、今の石岡祭の形になっています。






石岡のお祭り 駐車場・交通規制

石岡のお祭りは通常よりも多くの人手でにぎわいますので、会場周辺に臨時駐車場が設けられます。

例年設けられる臨時駐車場の場所は、車両が通行止めになるエリアのすぐ近い周辺に用意されています。

交通規制はJR石岡駅から常陸國總社宮までの一帯に交通規制がかかります。



スポンサーリンク



このページの先頭へ