井の頭公園花見2017 場所取り混雑は?夜桜ライトアップはある?

inokashirakouenhanami1

井の頭公園は花見の時期になると多くのお花見客でにぎわいます。

秋の紅葉も美しく人気ですが、一年を通じて最も多くの人々が井の頭公園を訪れるのは桜の季節です。

井の頭公園(井の頭恩賜公園)は、都内にある公園の中でも、美しい自然が望めるとても人気の高い公園です。

散策をしながらお花見するという方も、場所取りをする方も、吉祥寺駅から行かれるのであれば、公園の屋台だけでなく、駅周辺でおいしいものを買っていくのもおすすめです。


スポンサーリンク




井の頭公園花見の開花時期2017

inokashirakouenhanami3
2017年東京・井の頭公園の花見の見ごろは、例年通りであれば3月中旬から開花し4月中旬くらいまで楽しむことができます。

普段から人気の高いスポットであるために、桜の開花時期になると、土日祝日はもちろんのこと、平日でも午前中から学生が場所取りをするなど、とても混雑しています。

井の頭公園の花見をする場所は、京王井の頭線の井の頭公園駅からすぐ、京王井の頭線とJR線の吉祥寺駅からも歩いて5分ほどという好立地にあります。

スポンサーリンク



井の頭公園花見場所取り

inokashirakouenhanami4
桜の木の下を散策しながら見るタイプ、レジャーシートを敷いて場所取りをしたところで腰を据えて見るタイプとあります。

レジャーシートを敷いて井の頭公園花見の場所取りをするタイプでしたら、公園のどの辺のお花見スポットを狙ったらいいのでしょう。

とても敷地が広い公園ですので、当日現地に到着してから決めようとすると、歩きまわっているだけでヘトヘトになってしまいます。

井の頭公園のお花見で、特に桜の木が多いのは、井の頭池の周辺です。

桜がよく見える池のほとりのお花見スポットは激戦区となりますので、混雑を避けるなら、御殿山の雑木林あたりがおすすめです。

井の頭公園でお花見スペースはあまり広くなく、人気の高い公園なのでとても混雑します。

井の頭公園花見の場所取りを始める時間は遅くても当日の早朝、確実にいいところを押さえたいなら前日の夜から行いましょう。




井の頭公園夜桜ライトアップ

inokashirakouenhanami2
開花シーズンの時期になると毎年恒例でライトアップをしているところもありますが、

井の頭公園の桜は特にライトアップは行われていません

ただ、井の頭公園内は日没後に一年中点灯する街灯がありますので、井の頭公園の夜桜が少しは楽しめるという声もあります。

井の頭公園の桜がライトアップされているわけではありませんが、

暗くなり始めたころくらいであれば、夜桜気分を少々味わえるのではないでしょうか。







宿泊・ホテル

東京都武蔵野市から三鷹市にまたがる、井の頭公園、周辺の宿泊施設やホテルです。
 ↓ ↓ ↓
周辺ホテル・旅館【楽天トラベル】





井の頭公園の花見に行ったら、花より団子という言葉の通り、食べたり飲んだりということも楽しみの一つではないでしょうか。

屋台や売店がありますので、特に持参しなくても十分現地調達可能です。

吉祥寺駅から行かれる場合は、駅から公園までの間にもいろいろな名店がありますので、できたてを買ってはいかがでしょう。

吉祥寺駅周辺は、常に行列ができているようなおいしいお店が、スイーツ系も含めていくつもあります。

井の頭公園お花見の当日、行きがけに途中で買っていくのもおすすめです。


スポンサーリンク



このページの先頭へ