八王子いちょう祭り2017 クラシックカーパレードや出店も楽しめる!

hachioujiichoumaturi1


クラシックカーパレードや多くの出店で盛り上がる八王子いちょう祭り(はちおうじいちょうまつり)は、

秋の紅葉が見頃を迎える季節の恒例イベントとなっています。

イチョウは、1976年に東京都八王子市の「市の木」として定められました。

甲州街道沿いには美しいイチョウの木が770本も並んでおり、市の天然記念物になっています。

八王子いちょう祭りは1979年にスタートし、クラシックカーパレード、たくさんの出店、関所オリエンテーリングなどのイベントが楽しめます。



スポンサーリンク




八王子いちょう祭り イベント

八王子いちょう祭りは、11月下旬の土日に開催されれます。期間は2日間です。

2017年は、11月18日(土)、19日(日)の開催となります。

八王子いちょう祭りのイベントは、パレードや音楽とダンスのイベント、よさこいのパフォーマンスや和太鼓の演奏、地元の方々による物産展、模擬店、ミニバザー、フードコート、屋台などなど、盛りだくさんの内容となっています。

また、「関所オリエンテーリング」は、甲州街道(国道20号)の直線距離の各場所に「関所」がいくつか設けられており、

関所で通行手形に焼印を押してしてくれますから、いい記念になります。



スポンサーリンク



八王子いちょう祭り クラシックカーパレード

八王子いちょう祭りのクラシックカーパレードは、200台近くの名車が集まります。八王子いちょうまつりの目玉となっています。

展示される車とパレードで走行する車とに分かれます。

八王子市役所に集まると、クラシックカーパレードに参加する車は甲州街道(国道20号)を走ります。

スピードはとてもゆったりしていますので、見物する方たちは沿道からじっくり観賞できますよ。





八王子いちょう祭り 屋台(出店)

八王子市内外から、多くの屋台(出店)があるのも八王子いちょう祭りの楽しいところです。
出店されている場所は、陵南公園のグラウンド、お祭りが行われる本部近く、甲州街道などです。

お祭りの屋台でよく目にするたこ焼き屋やお好み焼きといった日本らしい屋台が並ぶ中には、ご当地グルメや海外フードの屋台もあるなど、八王子いちょう祭りは出店も楽しめるイベントです。




八王子いちょう祭り 会場の場所

八王子いちょう祭りの会場となる場所は一カ所ではなく、複数あります。

八王子市甲州街道追分町交差点から小仏関跡、交通公園、東浅川公園、八王子市立中央図書館、横山事務所、原宿ふれあい広場など多数です。


小仏関所はJR高尾駅から歩いて15分ほど、八王子市裏高尾町419。
追分関所はJR西八王子駅から歩いて15分ほど、八王子市追分町10-1。
中央図書館はJR西八王子駅から歩いて3分ほど、八王子市千人町3-3-6。
横山事務所はJR西八王子駅から歩いて2分ほど、八王子市並木町15-15。

陵南公園はJR高尾駅から歩いて20分ほど、駅からバスを利用する場合は京王バスの京王八王子行きに乗車し、「御陵前」で降りて5分ほど歩きます。
八王子市長房町1369。

陵南いちょう会館はJR高尾駅から歩いて15分ほど、上の陵南公園と同じバスで同じ停留所に降りたら歩いて約1分です。
八王子市東浅川町120。

駐車場は八王子いちょう祭り祭典委員会側では用意していないので、公共交通機関の利用が推奨されています。


スポンサーリンク



このページの先頭へ