謹賀新年・迎春・賀正?目上の人に使う年賀状の賀詞はどれ?意味や違い!

年賀状を書くとき、文頭に用いられる決まり文句がいくつかあります。
迎春や賀正、謹賀新年などです。

これらの正しい意味や違い、使い分け方などはご存知ですか?

特に、目上の方に対してお送りする年賀状は、マナー違反にならないように気をつけたいものですね。
ぜひこの機会に、確認してみてください。



スポンサーリンク




迎春とは

迎春の読み方は、「げいしゅん」です。

迎春とは、年賀状の念頭によく書かれている挨拶の言葉です。
迎春の意味は、「新年を迎えること、新春を迎えること」です。


年賀状の最初に書く二文字の賀詞といえば、他にもいくつかあります。

・正月をお祝いする「賀正」
・新年をお祝いする「寿春」
・年の初めや新年を意味する「初春」
・新年をたたえる「頌春」




謹賀新年とは

謹賀新年の読み方は、「きんがしんねん」です。

謹賀新年とは、こちらも年賀状の念頭に書かれている言葉であり、新年をお祝いする四文字の賀詞です。
謹賀新年の意味は、「新年を謹んでお祝い申し上げます」となります。


四文字の賀詞は、以下も年賀状に使われています。

・初春をうやうやしくお祝いする「恭賀新春」
・初春を謹んでお祝いする「謹賀新春」
・新年をうやうやしくお祝いする「恭賀新年」



スポンサーリンク



目上の方あてには?

年賀状を送る相手は、日頃お世話になっている目上の方から友人、後輩まで、幅広くなります。

どの方にも同じように年賀状を書いていると、マナー違反になってしまうことがありますので、気をつけてくださいね。

目上の人にお送りする年賀状の賀詞は、「迎春」や「賀正」の二文字の賀詞ではなく、「謹賀新年」や「恭賀新年」などの四文字の賀詞となります。

「迎春」や「賀正」という言葉は、たった2文字の中に新年のお祝いの気持ちを込められるすばらしい賀詞です。

しかし、「迎春」や「賀正」は簡単すぎるため目上の方に対しては使いません。

「謹賀新年」や「恭賀新年」は、新年を祝う気持ちに加えて、「謹んで(つつしんで)」や「恭しく(うやうやしく)」という、年賀状を受け取る方への敬意を表現できる言葉です。

目上の人へ送る年賀状には、「謹んで」とか「恭しく」といった敬意の表現が入った賀詞や改まった表現を使用するのが良いでしょう。

年賀状の賀詞というと難しそうなイメージですが、意味がわかれば違いや目上の人への使い分けなどは意外と簡単ですよね。

正しいマナーさえ覚えておけば、失礼になることを避けられますよ。





まとめ

迎春や賀正、謹賀新年などの言葉を、賀詞といいます。

賀詞はお祝いの気持ちを表現できるため、年賀状に書くことが一般的になっていますね。
どれもお祝いの言葉に変わりがなくても、表現できる意味が同じとは限りません。

届ける相手によって言葉を選ぶことが大切なので、例えば気心の知れた友人への年賀状など、

「ハッピーニューイヤー!」や「あけましておめでとう!」などのラフな表現で送っても問題ありませんよ。


スポンサーリンク



このページの先頭へ