浅草の酉の市2016 時間や場所・アクセス方法は?熊手の価格は?

浅草の酉の市が話題にのぼると、毎年少しずつ年末が近づいてくるのを実感します。

11月以外でも、酉の日は12日間隔でやってくるのですが、11月の酉の市が恒例になったのは江戸時代からのことです。

浅草酉の市(あさくさとりのいち)は縁起熊手やお守り熊手を購入するお祭りとして、今では欠かせない行事となっています。



スポンサーリンク




日程・時間・場所(会場)



2016年(平成28年)の浅草酉の市は、二の酉の年です。

日程:一の酉が11月11日(金)、二の酉が23日(水・祝)
時間:深夜0時から翌0時(24時間オープン)
場所:浅草酉の寺長国寺(東京都台東区千束3-19-6)



酉の市浅草の前夜祭を意味する宵宮は、長国寺境内の周辺の一部の熊手屋さんは、酉の日の前の晩の21時くらいから販売しているところもあります。

熊手商さんによっては、午前中の3時から9時は販売をしていないお店もあるとのことです。

毎年同じ熊手屋さんで買うことにこだわっている場合は、販売していない時間は避けた方が無難ですが、そうでなければ24時間多くのお店が売っていますので、時間を気にせずに行くことができますよ。




熊手の価格

asakusatorinoichi1

浅草酉の市の熊手価格の売れ筋は2万~4万円ですが、毎年大きくしていく文化がありますので、初めて購入するときは小さめから選ぶことをおすすめします。

小さいものは、1,000円くらいからあります。




屋台



浅草酉の市は、屋台も楽しみの一つですよね。

屋台がでる場所は、毎年決まっているわけではありませんが、だいたい同じような場所のようです。

東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅をでると、浅草の浅草寺方向へと国際通りがあります。

多くの屋台は、この国際通りを浅草寺の方に行く道路に出店されます。

浅草の酉の市の会場は、三ノ輪駅から国際通りを進んで左手にありますが、会場を囲む道や周辺の道路にも屋台がでていますから、ぜひ足を運んでみてください。


スポンサーリンク



アクセス・最寄り駅



浅草の酉の市の会場となる場所は、東京都台東区千束3-19-6にある鷲在山 長國寺の境内です。
東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅と、つくばエクスプレスの浅草駅の間は、国際通りが通っているのですが、その国際通りのちょうど中間あたりとなります。

浅草の酉の市の最寄り駅は、複数あります。
アクセスの時間が最も短いのは、東京メトロ日比谷線の入谷駅で、歩いて7分ほどです。
都バスの停留所からの方がアクセス時間は短く、竜泉バス停からでしたら歩いて2分で到着します。
錦糸町と日暮里間を走っている都バスです。

他には、浅草駅(つくばエクスプレス)から徒歩8分、三ノ輪駅から徒歩9分、三ノ輪橋駅(都電荒川線)から徒歩11分です。



スポンサーリンク



このページの先頭へ